LCL BLOG

パフォーマンス計測、はじめました(フロントエンド編)

フロントエンドエンジニアの岡田です。
LCLでは、フロントエンドのパフォーマンスを計測するために、SpeedCurveを導入しました。

 

検討した計測サービス

導入にあたっては、以下のサービスも検討しました。
最初は、RUM (Real User Monitoring)ができるサービスを中心に探していたこともあり、以下の2社を検討しました。

site24x7

良い点
  • RUMの割には費用も低め(2,000万PVで$506〜 / 月額:調査当時)
  • 日本語対応もされている(ちなみに、サポートメールは日本語で送っても英語で返ってきました)
導入を見送った理由
  • RUMの結果は思ったほど詳細が見えなかった(見方がわからなかっただけかもしれませんが。。)
  • RUMなしのプランも検討したが、ユーザーエージェントの設定が効かないことがあり、スマホページの計測ができない場合があった(PCが計測されていた)

 

New Relic

New Relは、サーバーのパフォーマンス監視のためにすでに入っていましたが、このサービスでRUMを見ることができます。
RUMの見方は、以下のページがとてもわかりやすかったです。
http://qiita.com/kumatronik/items/35f82746d5072001f566

良い点

すでに導入済みのサービスで使える

導入を見送った理由

費用が高い(50万PVで$149〜 / 月額:調査当時。50万PVを超えるとどうなるのかは不明)

 

SpeedCurve

良い点
  • RUMは高い($800〜 / 月額)がSynthetic Monitoringはお手頃($20〜 / 月額)
  • トライアル中の結果が安定している
  • 英語だけでもUIがわかりやすい

RUM(Real User Monitoring)の導入を止めた理由

最初はRUMで計測できるサービスを探していましたが、以下の理由から今回はSynthetic Monitoringを選びました。

  • RUMはすでに導入済みのNew Relic(Lite)で見ることもできる(ただし見えるデータに限りがある)
  • RUMの場合、同じユーザーが毎日決まった時間にアクセスしてくれるわけではないため、定点観測しにくい(サイトの改修で問題が起きても気づきにくい)
  • RUMは高い

ということで、SpeedCurveを導入しました。

次回は、SpeedCurveを使って、どのようにパフォーマンス改善をしているかをお伝えしたいと思います。

2017/6/7 追記

New Relic には New Relic Synthetics という定点観測サービスがあり、無料〜で使えるそうです。
Twitterで教えていただきました。ありがとうございます。

その他のブログ記事